フレームアームズ・ガール フレズヴェルク
 ほぼ新規設計で、既存キットとの共通パーツはポリと手くらいです。バリエーション機のフレズヴェルク=アーテルも発売予定。

 まず素体。頭部の装甲は外せません。
 髪と肌色はつや消しを塗っただけで、後はクリアパーツ以外塗りつぶしています。色味は箱絵に寄せる方向で、装甲と胴体は成形色より濃い目にしています。
 胴体はどう見てもスク水なので装甲とは違う質感を出せないものかと思って、とりあえずソリッドカラーにメタリックを混ぜてツヤを落として鈍めの光沢を出してみました。
 武装状態も含めて黄色と金色は全く色分けされていません。あとスク水部分の薄緑も色分け無し。
 顔の他に、腕の付け根の肌色のパーツにスク水部分の一部が一体化しているのでそこは製品状態で塗装済み。
 スネ正面は紫成形ですが、好みで大半はグレーで塗りました。

 PC、ABS、ポリパーツと、あと首基部、脚の付け根、上腕ロール軸等はPOM。手首の球体関節は2パーツのうち細い軸が生えている方だけPOMです。
 股関節はマテリアに近い引き出し式。胸と胴の接続部はボールではなく2方向の軸関節で、胴と腰は一体化しています。手足の構造はおおむね従来と同じですが、上腕のロール軸が若干横に曲がるようになっています。
 手首関節はマテリアと同型ですが、上述のように半分POM製になったので塗装はしづらいですが耐久性は増しています。さらに合計4組付属。
 胴のボールジョイントすっぽ抜けも無くなったので総じて従来型より扱いやすいですが、首がちょっと抜けやすいかも。 顔は真顔が視線左右2種と叫び顔の視線正面、あと未塗装で眼と口が造型されていない顔の計4種付属。

 従来のFA:Gより胸がボリュームアップしていますが、それ以外の部分も若干太目になった印象。

 武装状態。腕(上腕ロール軸から手首まで)と脚(スネから下)、手足のリング状パーツ、あと胸部は元のパーツを外して交換し、それ以外は素体の上から装着します。なお、手は両形態で共通。
 成形色は本体の手足がソリッドカラーなのに対し武装のグレーはメタリックになっていますが、イラストだと特に質感が違うようにも見えないので全部ソリッドカラーで塗っています。
 後述の変形時にサドルになる部分が追加されたのもあって元のフレズヴェルク以上にユニットが増えていて、武装状態でのボリュームはシリーズ最大級です。

 武器は元のフレズヴェルクにもあったベリルショットランチャーが付属する他、FA:G版で追加された背面側のフィンの一部が分離してブレードに、変形時にサドルになる部分が分離してキャノンになるギミックが追加されています。なお、キャノンの写真は撮っていません。
 武装のボリュームがあるためか、台座はスティレットやアーキテクトと同型のものではなくフライングベースが付属。無色透明で特にロゴや模様は付いていません。

 組み替えでサイドワインダー形態とエアバイク形態に変形可能ですが、まずサイドワインダー形態。ほぼ全部バラして組み替える感じです。基本的には武装部分の一部が分離して構成されるメカに素体が騎乗する構成で、サイドワインダー形態だとある程度素体側に武装が残ります。

 エアバイク形態でもバックパック的な部分は素体側に残りますが、バックパックはアームを介してサドルにも接続されるので、本体抜きでもエアバイクは構成可能。
 なお、フットペダル的なパーツ、および脚部スラスターをエアバイク胴体に接続するパーツは、エアバイク形態以外では使いません。

 一応他のFA:Gでもエアバイクに乗せられないことはないですが、背中のジョイント穴の位置が違うのでバックパックを接続すると搭乗姿勢がおかしくなるし、接続しないと安定性が落ちます。

 

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system