HMM1/72ゴドス
 最近のHMMだと割と珍しい、専用機でもゾイドバトル用機体でもない一般ゾイドのキット。
 配色は平成版に準拠しています。

 ・・・が、まあ世代的にはこういう色の方が落ち着くので。
 なお、見本写真だと頭部やスネ等はライトグレーに見えますが、成形色は旧トミー版の平成版と同様に金属色です。
 銃器の大半は銃口が造形されていますが、重装型じゃない方の背面武器のみ銃口が無くて平面になっているので穴を彫りました。
 関節はポリとABSの併用。各部が干渉するので可動箇所が多い割に可動範囲は広くないです。背びれが全部前後可動だったりしますがポージングの上ではあまり意味は無さそう。

 重装型のオプションパーツも付属して換装可能ですが、頭部は重装型用のもののみ付属して旧トミー版の一般機用に相当するパーツは入っていません。
 なお、頭部と重装型のオプションのパーツはランナー構成上それぞれ独立しているので、その辺が共通しているガイサックもキット化の可能性が無いでもないみたい。
 あとコクピット内には特にパイロットを固定する構造は無くて安定しません。

 胴体や脚部のフレームはプテラスの流用ですが、太股以外はほとんど露出しません。
 ところでプテラスの右の羽根が無いですが、なんかいつの間にか軸が折れていました。うう。

 ついでにドスゴドスとの対比も。ちなみにHMM版設定では青ゴドス→ドスゴドス→銀ゴドスという開発系譜になっています。
 
ところでドスゴドスの右の肘から先が無いですが、なんかしまっておいた箱の中からそこだけ紛失していました。・・・これはあれか、呪いか何かですか。

 前傾姿勢だとこんな感じ。これ以上は首が上がりません。

 キックが得意技らしいのでポージングを模索してみました。
 股間にはプテラスにあった台座穴がそのまま残っています。

 肩が横に上がらないので、腰の武器を外さないと腕を下げられません。

 ゾイドコア収納部もプテラスと共通。

 重装型の背面パーツは有人型と無人型の選択式。ただしパイロットは1人しか付属しないのでこっちに人を乗せると頭が無人になります。
 背面パーツは座席が丸出しだった旧トミー版と違ってコクピットっぽくアレンジされています。旧トミー版の一般機用頭部パーツに似ていますが、キャノピーが無かったり固定銃器が追加されたりしているので頭として使うには改造が必要。

 腰の武器に付いているグリップは可動式で、手を添えることも可能。なお、デフォルトの位置は腰の左側ですが、接続パーツは左右対称なものが1組付属するので右側に取り付けることもできます。

 重装型の専用パーツは組み合わせて独立したメカになります。さらにコクピットを取り付けることも可能ですが、その場合ゴドス本体は首無しに・・・。

メニューに戻る

inserted by FC2 system