ノンスケール グルンガスト参式
 零式が発売済みですが、ポリパーツの一部以外は新規設計です(斬艦刀はダイゼンガーからの流用)。
 単座・非変形で斬艦刀を装備したゼンガー機の他に分離変形可能で獅子王刀を装備した機体も存在しますが(武器以外に外観の相違は無し)、このキットは斬艦刀のみ付属するゼンガー機仕様。
 ちなみに、パッケージによると参式の英語表記は”TYPE-3”。

 DGG系機体より全体に太くて重そうなフォルムがたまりません。
 例によって色分けは異様に細かくて、塗装済みパーツとの併用で各部の黄色いラインは完全に再現されています。
 ただ、色分けが多いデザインなので不完全な箇所もそれなりに。目立つ部分ではマスクの横の白いラインや胸の三角形のノズルの中身等が省略されています。ノズル内の赤と黒を塗るのはちょっと手間です。
 肩のノズルも黒い部分は色分けされていませんが、こちらは別パーツ化されているので塗装は楽。
 緑色の部分は眼と腰中央が塗装済みで他は省略。背面スタビライザーとスネ後面の黄色は成形色が違いますが別パーツ化はされています。

 写真の状態は成形色仕上げですが、斬艦刀のみ金属色で塗装しています。
 なお、スネの黄色い装甲の凹部に赤を塗っていますが、ここは見本写真だと黒やブラウンでスミ入れするのが正解のようです。

 眼のグリーンは塗装済みですが、縁にスミ入れした方が印象が締まると思います。

 ダイゼンガーより身長もやや高いうえに太くてボリュームがあります。

 関節はポリとABSの併用で、可動範囲は広め。組んだ直後の状態だと保持力も充分です。
 ただ、手首が2重ボールジョイント接続ですが、そのうち片方はポリを使わずABSとプラのかみ合わせで、ここがやや緩いです。斬艦刀を持たせるとき以外は問題ありませんが。

 前述のように、手持ち武器はダイゼンガーと同じ斬艦刀が2種類付属。手は左右の拳と平手、あと大きい方の斬艦刀保持用が右手のみ付属。ダイゼンガーと同様、手指は接着してしまわないと斬艦刀の重さに負けてしまいます(接着しても斬艦刀の取り外しは可能)。

 大きい方の斬艦刀はけっこう重いですが、手首以外の関節はしっかりしているので片腕でも支えられます。足裏の面積が広いので安定性も高め。

 小さい方の斬艦刀は専用の手が付属せず、大きい方より柄が細いので保持できませんが、とりあえず柄にランナーのタグを両面テープで貼り付けて幅増ししたら一応持てるようになりました。

 グリップを握る左手は無いので、両手持ちは平手を使ってそれっぽく見せかけているだけですが。

 背中のドリルは2重ボールジョイント接続。手を外して腕に取り付け、ドリルブーストナックル(発射前)を再現できます。中空で見た目の割に軽いので腕関節の保持も問題なし。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system