1/144ガーリオン・トロンベ
 正式名称はガーリオン・カスタム“トロンベ”だという件は説明書で言及されています。さらなるトロンベ専用機各種の登場ですっかり出番が無くなっていたのが最近復活した・・・と思ったら偽装用にガワを取られただけだったという。
 既出の素のガーリオンの流用キット。ボーナスパーツのテンザン機頭部パーツはそのまま残っていて(というか頭頂部上面パーツ以外は一般機と共通ですが)さらに武装が1個増えていますが、定価も少し上がっています。

 一見真っ黒ですが成形色は黒系で3色使っています。
 今回も武器の色分けは省略気味ですが、本体はノズルの中身くらいしか省略がありません。
 金色の部分と肩・膝の赤、アゴの白は塗装で処理されていますが、金色部分のゲート跡は塗らないと目立ちます。
 あと胸のエンブレムはアウセンザイターとは逆に、デカールが付属してタンポ印刷はありません。エンブレムが付く部分のパーツが左右割りなので印刷とか無理ですが。指定があるのは1箇所だけですが4つ付属。
 関節構造はポリとABS併用。素立ちのままなら気になりませんが動かすと各部がぼろぼろ分解していくので接着推奨です。

 眼は塗装済みですが、ラピーテープを貼ってみました。
 PTと比べるとやや小顔なので、偽装機体のガーバインをパーツの移植で再現するにはマスクのサイズが合わなさそう。

 PTと比べるとかなり横に広がった形状ですが、アルテリオンと並べると左右幅が相対的に狭く見えます。

 武器はガーリオンと共通のバースト・レールガン、アサルトブレードの他、ディバイン・アームが追加されています。既存キットからの流用パーツは説明書のパーツリストに記載がありますが、アサルトブレードの前半分のみフェアリオンからの流用とのこと。レールガンとブレードはジョイントパーツを介して背面に装着可能。ジョイントパーツは2個あるので同時装着もできます。

 手は左右共に拳、平手、貫手、レールガン&ブレード用の4種と、あと何故かディバイン・アーム専用の右手が2個あるので1個余ります。

 武装の成形色はディバイン・アームが白で他は本体色と同じですが、写真のは全塗装しています。
ディバイン・アームは形状やパーツ構成はヴァルシオーネのものと同様ですが、鞘は付属しません。 
 胸の中央がかなり前に出っ張っているのが邪魔なので、レールガンに左手を添えるのは難しいです。

 台座は他のキットと共通のパーツで、ジョイントだけ専用。尻から生えているスラスターの裏面にカバー付きの接続穴があります。

 差し替え無しでシュツルムアングリフ形態を再現可能。というかソニックブレイカーですが。
 胴体と腕をつなぐフレームに腕とは独立して肩装甲が付いていて、腕を動かさずに肩だけ前に90°倒せます。あと先端のスライド展開も再現。
 開いた中身にもディテールがあるので金属色で塗ってみましたが、ほとんど見えませんね。

メニューに戻る

inserted by FC2 system