HMM1/72イグアン
 旧トミー版と同様にゴドスとパーツを共用していて、そのゴドスからの流れでHMMでは胴体と脚のフレームはプテラスからの流用になります。
 キャノピーが赤系統(ピンク)で本体色もガンメタではなく銀でどう見てもガイロス帝国仕様(アニメ以降)よりは旧ゼネバス帝国仕様に近い色使いなのに、付属するマーキング(水転写デカール)のエンブレムはガイロスのみでゼネバス未対応というよくわからない商品仕様ですが、まあHMMではよくあることです。

 成形色は若干暗めの銀、赤、ワインレッドもしくは赤茶色、クリアピンク(頭部と胸部正面の2ヶ所)、クリアレッド(コアのみ)、白に近いライトグレー(ポリパーツを模した円筒のみ)、本体より明るい銀(パイロットのみ)。見本写真での配色の黄色は全く色分けされていません。
 とりあえず旧シリーズ版を意識しててきとうに塗ってみました。
 関節はゴドスと同様ポリとABSの併用で、ポリの成形色も赤茶色。
 ゴドスの武装のうち重装型の分以外は丸ごと付属し、それをデフォルトで全部装備する仕様のうえに腰側面のジョイントは推進器で埋まっているので、しっぽがハリネズミみたいな重武装になっています。
 武装のジョイントが不統一なうえに本体側に余分なジョイントも無いので、武装配置は実質デフォルト位置か装備しないかの二択。

 腕と脚は先端以外ゴドスと全く同じ。胴体もフレームは共通ですが、外から見える部分は新規パーツが多いです。首と尾はほぼ新造。

 頭部はコクピットブロックのみ分離可能で、赤い武器はコクピットではなく接続基部側に付きます。なお、コクピットブロックは帝国小型ゾイドで共通化されていましたが、モルガと共通ではない新規ランナーに入っていて、今後の流用も想定していないみたい。
 コクピットには特にパイロットを固定する構造は無いですが、かなり狭いので位置は安定します。というかハッチを閉じた状態だとパイロットはほぼ見えないので定位置からずれていても特に問題無いですが。
 パイロットのフィギュアは共通デザインの一般兵士で、未塗装のプラ製。
 ゾイドコア収納部はゴドスと同様に背中側に抜けます。

 背面は首からしっぽにかけて装甲が展開可能。

 関節構造はほぼゴドスに準じていますが、首と胴をつなぐ関節は可動範囲が拡大した代わりに座りが悪くなっています。
 脇が横にあまり上がらないので、腰の装備と干渉して腕のポージングが制限されるのもゴドスと同様。
 ゴドスには無かった足の爪が追加されていて、基部で左右可動。右手の爪も動きます。左手の固定武器は特にギミックなし。

 頭部の赤い武器はオプションパーツのグリップを使って右手に持つことが可能で、旧トミー版で右手に取り付けた状態を再現できます。左手には指が無いのでグリップも1個だけ付属。
 なお、股間の流用元では台座用だった穴を転用してしっぽにつながるヒレ状のパーツが追加されていますが、そのヒレの下部に代わりの台座穴が付いています。

メニューに戻る

inserted by FC2 system