ノンスケール ジェフティ
 ANUBIS版ですが、さすがにベクターキャノンは付属しません。

 で、どんな色にしようかと説明書やビジュアルワークスを見ながらああだこうだ考えた果てに、とりあえず成形色から青味を増やしてみる方向で塗ってみました。
 エナジーラインはメタリックのブルーとグリーンを混ぜて塗っています。
 エナジーライン以外はほぼパーツ段階で色分けされていますが、手の甲は省略されています。
 戦術機の初回特典とかと同じ型の台座が付属。これ自体は標準の付属品です。

 足先のランディングギアは差し替えなしで展開可能。展開しても台座無しで立たせるのは困難ですが、股間の台座穴を隠すカバーは付属します。
 背中のウィング部はフィンパーツを取り付けて展開状態を再現。このフィンはクリアパーツを塗装してあります。

 顔のバイザー状の部分はスモーククリア。ほぼ見えませんが中身も造形されています。上にある眼のような部分もクリアパーツですが、奥行きがありすぎて光を当てても暗く見えるので表面を塗装してしまいました。
 肩装甲の端のクリアパーツは中にメカっぽいパーツが入りますが、私はクリアパーツ自体の裏側をメッキシルバーで塗ってしまいました。そうした原因は主にうっかりですが。

 サイズは小さめのガンプラ1/100くらい。

 手首は4種類付属。公式によると「通常手」「握り手」「掴み手」「ネイルバルカン平手」だそうです。左右の区別は無いデザインなので同じものが2個ずつ。

 関節はABSとポリの併用。肩や股関節、膝には可動範囲を広げる引き出し機構があります。ABS軸に比べてポリ関節が緩めなので、ABS軸を削って調整しないと近くのポリに力が逃げて動かしにくい部分もあります。

 パドルブレードは差し替え無しで展開可能。

 コクピットは基部が2軸可動。
 あと写真は撮っていませんが、腰のウィスプは分離可能です。

メニューに戻る

inserted by FC2 system