鉄のラインバレル 1/144スケール ラインバレル mode-B 〜城崎絵美ver.〜
 ※商品そのものやコトブキヤ公式サイトでは上記の名称が用いられていますが、通販サイトではmode-Bではなく「ラインバレル オーバードライブ 〜城崎絵美ver.〜」という名称で登録されている場合が多いです。あと発売前のモデグラの記事では「オーバーライド」になっていたり。
 既出の白いラインバレルの成形色変更版で、限定品扱い。
 設計段階ではこちらを出すことを想定していなかったのかランナー単位での色変えでは色分けが再現できていませんが、足りない部分は塗装で処理されているのでパーツ段階での塗装箇所が異様に多いです。
 ただ、顔以外はほぼ全てパーツ丸ごとの塗装なので、元からパーツで色分けされていない腹部や膝の白い丸モールドは塗装されていません。
 そのまま組み立てると塗装箇所はゲート跡だけ地の成形色が露出してしまいますが、未塗装でもゲート跡の白化が気になったりするのでそれほど気にすることでもないかも。

 プラモデルの独自ギミックとして単独で自立させるためにカカトが展開するギミックがありますが、まずはその展開状態で。

 股関節基部に引き出し構造があるのと、肩ブロックの可動で腕の根元の位置も変化するので、とりあえず関節を定位置にした状態と腕・脚を上下にずらした状態で比較してみました。
 腕の長さに対し脚がやや短い気もしますが、説明書に載っている設定画もこういうバランスです。

 顔は塗装済みですが、写真では眼の縁と赤い部分にスミ入れしています。

 同スケールのモビルスーツと並べると背が高いですが、組み立て前のランナー状態のパーツに対し完成するとかなり小さくなる印象。

 カカトの展開は差し替え式。しっぽ的な部分を接地させればカカトを閉じた状態でも自立します。

 ほとんどの関節が多重構造で可動範囲は広めです。ただ、胸と胴がボール接続の割に大して動かないのと、首は軟質ケーブルが干渉して左右に曲げにくいですが。材質はポリとABSの併用。
 足首に相当する部分には関節がありませんが、立ちポーズは以外と安定します。

 で、カカトを閉じた状態。専用台座が標準で付属します。接続はポリパーツで、軸径はリボやfigmaの台座と同じ。

 他に大型で機体名がプリントされた台座が特典として付属。支柱部分は1セットのみなので同時には使えませんが、組んだ後での交換も容易です。
 手は指を開いたものと武器保持用が左右それぞれ付属。武器は刀状のものが2本付属します。鞘への収納は再現されていませんが、グリップの部分のみ鞘への着脱が可能。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system