HMM1/100 Z・A01 TYPE-V マリンカイザー
 発売中止を経て1年後に復活したHMM装甲巨神Zナイトシリーズ第2弾。
 今回も説明書の巻頭には2ページのショートコミック付きで、設定解説はパッケージの側面のみです。あとマーキングが水転写デカールで付属。

 旧トミー版より大幅に頭が小さくなったりでスタイリングはかなり変化していますが、どっしりしたイメージは押さえてあって個人的にはいい感じです。
 前に組んだZナイトと質感を揃えたかったので、銀以外は成形色を残しました。
 HMM版の設定上の配色はシールドの模様以外ほぼパーツ分割で色分け済み。ただ、バックパック下部のノズルは穴だけではなく縁も赤で一体成形です。
 関節はポリとABSの併用。首と腰がボールで、他は手首も含めて軸関節です。肘はABSのみで、他の主要な関節はだいたいポリ入り。

 バックパック下部の縦長の箱は基部が可動フレーム接続で大きく動きます。
 なお、バックパック基部はポリ接続ですが、Zナイトと互換性はありません。

 眼、あと肩と膝の丸いパーツはクリアオレンジ成形。ツノの基部は丸軸なので前後に曲げることもできます。
 首をそのまま横に回すとツノが肩の付け根のトゲと干渉しますが、首と肩に引き出し機構があるので逃がして回すことは可能。
 コクピットハッチが開閉可能。内装はありますがパイロットはいません。
 メタルハート周囲の外装に開閉機構は無くて着脱式。中身は今回も一体成形で色分けは無いです。

 ・・・やっぱりZナイトはここまで細くなくてもよかったような、と改めて思いました。

 武装はギガ・アックスとLM軽戦シールドが付属。手は拳、平手、付属武器用、MSGウェポンシステム保持用が左右それぞれ付属します。
 どちらもグリップが円柱状で握りが若干緩いので手の中で回ります。グリップの端が太くなっているので手から抜けることは無いですが。
 私は手とグリップに真鍮線を挿して着脱可能にしつつ回らないようにしてみました。シールドの方は柄の基部も回せるので、手を固定しても角度の変更は可能。
 ギガ・アックスは本体がガンメタで刃は銀成形。柄を伸縮させることで細くて平たいグリップが展開して、フレームアームズ等のハンドパーツでも保持可能。
 LM軽戦シールドはこんな名前ですが大きくて重いです。銀と赤は色分け済み。中央の模様はデカールが付属しますが、丸い部分は赤成形の別パーツで十字はモールドも入っています。あとその周囲の金色は色分けもデカールも無し。
 なお、武装はいずれも3ミリ軸で背面に取り付け可能。背面側の3ミリ穴が1個なので2つ同時には無理ですが。あと腕の側面にも特に用途が無い3ミリ穴があります。
 あと股間にはカバー付きの台座穴もあります。3ミリ径のポリパーツ入り。

 せっかくなので対決っぽく。

メニューに戻る

inserted by FC2 system