HMM1/72モルガ&モルガ(キャノリーユニット装着型)
 
初回出荷分はHMMシリーズの箱絵を掲載した冊子が付属し、パッケージにシールで限定版の告知付き。
 キャノリーモルガはバトルストーリーと話がつながっていないゾイドジェネシスでのカラーリングになっていますが、説明書の設定では普通に帝国軍扱いです。また、ランナーは1機分ずつ個別になっているのに、何故かノーマルカラーのモルガのクリアパーツが赤でも緑でもなくオレンジ色だったりと、相変わらずHMMゾイドは設定があやふやです。
 部分的にABS樹脂が使用されていますが、ポリパーツは無し。ほぼ新規造形ですが、タカラトミー版のポリキャップを模した円筒状パーツのみコマンドウルフから流用されています。
 コトブキヤ製キットとしてはパーツが少ない部類ですが組み立て後のサイズに対してパーツが異様に多いのは相変わらずで、1匹組むのに2時間以上かかりました。

・モルガ(ノーマル)

 本体は銀色ではなくライトグレー成形。旧ゼネバス仕様とガイロス仕様のどちらがベースなのかよくわからない配色になっています。車輪中央のブラウンは色分けされていません。
 頭部のクリアパーツはクリアレッドで塗ってみました。
 他のHMMシリーズと同様に胴体内部にはゾイドコアが入っていますが、組んだ後で分解してコアを取り出すためにはポリキャップを模した円筒状パーツを引き抜く必要があり、でも事前に軸を削ってゆるくしておかないとパーツに傷をつけずに取り外すのは困難で、要するに私は取り出せなくなりました。コアの形状や色は既出のキットと同じ。

 しっぽは節ごとにボールジョイント接続で、足は左右で一体化していて中央がボールジョイント接続。首は複数の可動軸が入っていますが、全体的に可動箇所が多い割に可動範囲は狭いです。というか基本的に芋虫なのでポーズのつけようがないですが。
 しっぽが節ごとに分割されたため、タカラトミー版にあった内蔵ミサイルは省略されています(発売予定のバリエーションキットには搭載されます)。

 コクピットおよび頭部装甲の開閉が可能。頭部装甲は裏側にメカっぽいパーツが入っています。
 中身のパイロットは通常、キャノリー共に既出のHMMキットと同じ造形。説明書掲載のショートストーリーではキャノリーモルガのパイロットは女性ですが、フィギュアはどう見てもおっさんです。
 コクピットブロックは丸ごと取り外しも可能。
 頭部のグレネードランチャーは基部が丸軸接続で、若干上下に旋回可能。

・モルガ(キャノリーユニット装着型)

 キャノリーユニットの追加の他に、頭部のグレネードランチャーがガトリングガンに、尾部のレーザー砲がアンテナに変更されています。ただし、キャノリーユニット以外の変更部分はモルガ本体のランナーに2種類分のパーツが丸ごと含まれるため、例えば2機ともグレネード装備に組むといったことも可能です。
 なお、グレネードランチャー、ガトリングガン、レーザー砲は全てスライド金型成形で銃口が造形されています。

 キャノリーユニットはマガジンの着脱と尾部の伸縮ギミックが追加されています。接続アームが上下の基部で軸可動式で、上下方向に旋回可能。左右には全く動きません。

 HMM版独自ギミックとして車輪が展開してアウトリガーになります。ノーマルモルガも同じ構造ですが、キャノリー装備でない場合には使う意味が無さそうな気が。
 砲身の下に付いているセンサーらしき部分はクリアパーツですが、中に気泡が入っていました。

 コマンドウルフと並べてみました。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system