フレームアームズ NSG-04θ ヴァイスハイトθ
 コトブキヤショップ限定の、ヴァイスハイトの仕様変更キット。ヴァイスハイト自体は別売りのコボルドとシュトラウスの合体で組む仕様ですが、こっちは合体時に使わないパーツの一部が削除されているので分離形態には組めません。
 専用の新規パーツとして武装(ベリルショット・ライフル)が追加されていますが、本体はカラーリング変更のみ。
 なお、ベリルショット・ライフルをフレズヴェルクに取り付けるためのパーツも付属し、これを組み付けた状態(NSG-X3フレスヴェルク・ルフス)の作例と設定が説明書に掲載されています。ただ、これを組むには4個付属するベリルショット・ライフルを全部使う必要があります。

 今回はフレームはキット付属のものを関節を補強して使いました。成形色はガンメタ。
 赤の成形色はメタリックですが、ソリッドカラーで塗装しました。黒っぽい部分の成形色は黒とダークブルーの2色ありますが、紫寄りのダークブルー1色で塗っています。あと配色パターンもちょっと変更。
 上腕と太股には装甲が付いていません。周囲の装甲にボリュームがあるのでレヴァナントアイほど目立ちませんが。
 素のヴァイスハイトとの相違は色と武装のみで、本体の形状は変更無し。
 設定上は轟雷派生の鹵獲機から開発されているので似ている部分もありますが、特にパーツの流用は無いです。

 眼は不透明。素のヴァイスハイトでは塗装済みでしたが、ヴァイスハイトθではここを含めて塗装済みの箇所は全くありません。

 分離形態と違ってヴァイスハイトはフレームがほぼそのままの配置で入っているので、体形はフレームアームズとしては標準に近いです。

 ベリルショット・ライフルは本体がガンメタで刃のみ無色クリア成形。背中への接続は軸が短めでちょっと不安定です。

 クリアパーツのブレードは可動式。

 シュトラウスの頭部を使った腕武器も付属はするので取り付け可能。 コボルドキャノンも外装パーツは揃っていますが、芯になるスネフレームが足りません。
 で、組み立て式フレームと入れ替えて余っていたアーキテクトのスネを入れて、素のヴァイスハイトと同じ武装構成にしてみました。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system