1/1ペストXさん
 新規キットとしてはシリーズ第3段。合体可能な専用バイク・オボロの発売も決定しています。

 今回も関節は主にABS樹脂。既出のキットより元デザインの色分けが多いので、武器以外にも色分けが足りない部分が多めです。
 手の甲のピンクや手首・足首の黄色い十字は塗装済み、インナースーツの黒とピンクの色分けもパーツ分けで処理されていますが、各部のファスナーは胸元の金具以外色分けされていません。
 アホ毛とポニーテールはボールジョイント接続。
 で、当初はコート部分を全身光沢仕上げにしてみようかと思っていたのですが、なんか雨の日に光沢クリアーをスプレーで吹いたら盛大にかぶったのでコートと脚はそのまま組んでしまいました。つまり写真の状態はつや消しを吹いたわけではなく単に失敗したものを丸投げしただけという。
 胴体のインナーと髪留めやブーツ等の硬そうなパーツは光沢クリアーを筆塗り、肌とマフラーはつや消し、髪は半光沢を吹いています。あと肩や手首、足首は黒を塗って色味に差をつけてみました。

 眼は例によって3種類付属。顔は通常タイプの他に「キンリュウの犬め!」的なアレが付属しますが、細い軸で接続しているパーツが多いうえに首のボールジョイントが固くて首を着脱しようとすると別のパーツを壊してしまいそうで怖いので以下顔も視線も固定で撮影しています。というか首を上に曲げないと口元はマフラーで隠れますが。
 なお、重装ホイホイさんと違って開いた口の中身は顔パーツ側に付いていますが(歯もモールド入り)、歯の部分の裏側が凹んでいるのでそれに合わせた凹部が眼パーツにもあります。

 体格はホイホイさんとコンバットさんの中間くらい。

 武器は隼ブレードと飛燕ブレードおよび専用の鞘が付属。
 長い方の鞘本体はスライド金型で一発成形。鞘はコートの背面側にあるジョイント穴に取り付け可能です。
 例によって単色成形ですが、鞘の胴体への接続部のみABS樹脂で色が違います。
 写真は長い方のグリップと鞘だけ成形色を残しています。あと設定上黄色い部分は金色で塗りましたが、アレンジというか黄色をきれいに発色させるのが面倒臭ゲフンゲフン。

 手首は拳と武器用の2種類。いずれも指先は色分けされています。
 武器はいずれも順手・逆手の両方で持てます。手首は分解せずに武器を持ち替えできますが、そのためグリップの端の太い部分が手の穴を通る大きさになっているので握りがちょっと甘いです。
 マフラーとコートの裾が可動、さらに前髪の両サイドも動くので、けっこうポージングに表情が付きます。相変わらず足首の可動範囲がちょっと狭いですが。

 コートの裾は4分割されていていずれも取り外し可能。マフラーも首を抜けば外せるので全部外すとこんな感じ。ホイホイさん真ソニックフォーム的な。ついでに後ろ髪も外していますが、後ろから見なければこれはこれでこういう髪型に見えないこともないような。

 可動範囲自体はそう大きく変わりませんが、パーツが減るぶん破損を気にする必要も減るので気分的には動かしやすいです。

 この数秒後たまたま居合わせたホイホイさんがたまたま通りかかったゴキを狙ってぶっ放した弾丸で全てがご破算になる的なイメージシーン。

メニューに戻る

inserted by FC2 system