HMM1/72サイコジェノザウラー
 
既出のジェノザウラーに頭部武器と脚部武器(幻影投影装置)が新造で追加。レイヴン仕様での改良点もそのまま反影されていますが、頭部武器は専用の1種しか付属しません。

 グレーの部分だけ塗装して後は成形色仕上げです。カラーガイドでは銀色を混ぜたグレーになっているので、そんな感じで調合しました。
 シリンダー部分、ポリキャップを模した円筒パーツ、あと牙や背面武器基部等が金属色で塗装済み。見本写真だと牙と爪は同じ色ですが、爪は塗装されていません。
 円筒はゲートが薄くて成形色も薄めなので未塗装でもゲート跡はあまり目立ちませんが、他の部分はタッチアップした方がよさそう。
 クリアパーツは無色含めて3色で大半が色分けされていますが、脚としっぽの赤い部分は無色で成形されています。
 なお、腕や背面武器のセンサーっぽい部分は色分けされていません。
 関節はポリとABSの併用。特に保持力の不足はありません。
 コトブキヤの大型キットなので組立の手間と難易度はそれなりですが、派生の多いキットなので調整もされているようで、元がシリーズ初期のキットにしては特に難しい部分もありませんでした。

 眼はクリアブルー成形で、それとは別に無色のカバーが付きます。
 頭部のトサカ的なものは後面はふさがっていなくて、固定用のダボが露出しています。
 コクピットは旧トミー版と同様に、頭部ではなく胸部にあります。ハッチは開閉可能ですが、開けても足しか見えません。

 コクピットブロックを引き出して上面パーツを外すと中が見えます。
 リーゼ2種とスペキュラーの他に、何故かヒルツとアンビエントも付属。フィギュアは全部塗装済みです。なお、リーゼはコクピットに入る方はタイツ的な服で、衣装が違います。

 腕の射出状態用パーツも付属。差し替えで展開できます。

 幻影投影装置は開閉可能。中身と側面の丸い部分はクリアパーツです。
 クリアパーツは正面が水色、側面はピンクですが、全く同じランナーが2色分入っているので色を逆にしたり単色にしたりもできます。

 荷電粒子砲発射形態。しっぽのフィンが大量にあるので組立がちょっと面倒です。

メニューに戻る

inserted by FC2 system