HMM1/72プテラスボマー ジェミー仕様
 
シリーズ通算25種目にしてついに陸戦機以外のが出ました。
 デカールは付属しますが、今回も共和国仕様のエンブレムとかは付属しません。
 素のプテラスとプテラスボマーのコンパチ仕様で、組んだ後でも換装が可能。
 HMMの小型ゾイドはポリキャップ(を模したプラパーツ)の形状が旧トミー版でのデザインとは無関係にコマンドウルフからずっと共通でしたが、今回は旧トミー版初期のものに近い形状のパーツが新造されています。
 あと今までゾイドコアのパーツは共通サイズのPVC成形でしたが、今回は従来より小型のプラパーツになっています。
 ランナー構成上、プテラスとボマーユニットの分離も想定してあるようです。

・プテラス

 本体の色味は旧トミー版の新シリーズ版(西方大陸戦争以降)に準拠していますが、青はもう少し暗い方が好みなので塗りました。
 シリンダーは特に塗装されていたりはしません。あと胸部ミサイルランチャーは弾頭がグレーで他は青単色ですが、グレーの色分けに合わせてパーツが分割されているので塗りやすいです。
 白と青は成形色仕上げなら塗装が必要なのは頭頂部のフィンの白くらい。
 関節はポリとABSの併用。
 胴体と脚部にゴドスと共通のパーツが使用されているという設定になっていますが、胴体は実際にパーツの共有を前提にした設計になっているようで、腕の付け根に相当する部分はボールジョイントを受ける穴が造形されていてカバーで塞ぐ構造になっています。

 パイロットは塗装済みのジェミーが付属して汎用フィギュアは無し。パイロットを固定する構造は特に無いので中で斜めになっていたりします。
 頭部正面の口みたいなグレーの部分は別パーツで色分けされています。あと横の機銃も別パーツで銃口が開いていますが、外れると紛失しやすいので接着しておいた方がよさそう。
 キャノピーはクリアオレンジ成形。今回はこことゾイドコア以外にクリアパーツはありません。
 ところでキャノピーを基部の青いパーツに押し込んだら基部が割れました。

 ゾイドコアユニットは組んだ後でも取り外し可能。羽根の基部もこのユニットに付いているので一緒に外れます。

 この調子でバリゲーターも出ないかしら。

 関節はポリボールを多用していて、ちょっと動かしにくいです。
 羽根は基部が2軸で曲がる他、中途の曲げ部も2軸になっています。
 足先の指は3本が独立可動。脚の付け根の青い装甲は胴体側に付いていますが、基部が2軸で可動。
 首は基部のボールの他に上にそらす軸可動もありますが、そっちを曲げようとするとボールが外れやすいので動かしにくいです。

 股間にポリパーツが入っていて各種台座に接続可能。旧版では無理だった飛行姿勢で飾れます。

・プテラスボマー

 羽根と脚にパーツを追加。代わりにスネ装甲と羽根のキャップが余剰になります。
 脚のミサイルランチャーのハッチと側面のブースターのダクトは白成形ですが、他はほぼグレー寄りのダークブルー単色。4つあるフィン状のパーツは見本写真だとダークブルーですが、ランナー配置の都合で関節と同じグレーになっています。
 羽根に付く合計12個のミサイルも全部ダークブルー成形なので塗装が割と面倒臭いです。でもここは塗らないと締まらないしなあ。あとミサイルは1パーツ構成ですが、スライド金型でノズルも開口しています。
 なお、配色を見本写真からちょっとアレンジしています。好みで変えた部分以外に単に面倒臭くて塗らなかった部分も無いこともないです。

 脚のミサイルランチャーは開閉可能。背面ユニットは前半が曲がります。4つのフィンは基部が2軸可動。

メニューに戻る

inserted by FC2 system