1/144 アルトアイゼン・リーゼ
 デザインもほぼ別物と化しているので当然といえば当然ですが、1/144アルトアイゼンとの共通パーツは無い完全新規設計です。比較的初期に出た素アルトに対し色分けは増加、関節構造もABS樹脂採用等でかなり変化していて、構造的にはむしろ1/100アルトの方が近いかも。

 色分けが細かいデザインなので再現は完全ではないですが、相変わらずパーツ分割はかなり細かいです。今回は眼と肩の丸い緑色の部分が塗装済み。
 リボルビングバンカーの槍部分は銀色成形かつ露出する部分にはゲートが無いので、未塗装でそのまま組んでもそれっぽいです。写真では塗っていますが。色分けされていない箇所としては、まず肩側面の羽根がほぼ単色。背面等のノズルは見本写真だとライトグレーですが、キットでは関節と同じ黒で成形されています。他は各部の丸い銀色のパーツ、一部ノズルの中身、親指付け根の赤と白、バックパック中央スタビライザー基部の白等。塗装箇所はそれほど多くないですが、見本写真から本来の配色を読み取るのが割と手間でした。
 あと装甲と関節が同じ色なのが好みではなかったので、フレームっぽい部分はネービーブルーで塗ってみました。元の成形色と色調の差が小さいので写真だとほとんど同じ色に見えますが。

 サイズ比較。全体に重装化していますが、骨格は素アルトと同じような体格です。

 肩のバランサーと背面のフレキシブルスラスターを展開した状態。背面左右のスラスターは片側で可動軸が4本あります。

 肩から上腕を引き出せる構造になっていて、上の写真では左腕だけ引き出した状態です。この部分に曲げ可動軸もあるので、引き出すことで上腕を肩に対してより大きく曲げることが可能。
 肩ブロックそのものは基部で前後回転と横に上げることが可能ですが、肩を左右に開くことはできません。

 手首は拳と表情のついたタイプが左右それぞれ付属。手持ち武器はありません。

 首を上に反らす関節があり、顔をこのくらい上に向けられます。

 肩のアヴァランチ・クレイモアは展開可能。1/100素アルトと違って内側のハッチは固定です。
 足首は左右にかなり大きく曲げることが可能で、接地性が高いです。股関節はボールジョイントではなく軸の組み合わせ。

 リボルビングバンカーのシリンダーも展開可能。中身の薬莢は色分けされていないので塗装しています。

 IMPACTまではランページ・ゴーストはこの組み合わせ限定だった、ということで。
 素アルトは全体に太いですが左右方向への張り出しがほとんど無いので、羽根付きで大砲持ちのヴァイスと並ぶと地味な感じでしたが、リーゼは色々パーツが増えたおかげで並べてもボリューム負けしなくなったような気がします。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system