ノンスケール 不知火・弐型 タリサ・マナンダル機
 既出のデモンストレーションカラーのリカラー版。武御雷から武器パーツ等を流用しています。
 初回特典として機体名がプリントされた台座が付属。
 塗装済みの箇所は顔面のみ。マーキングは水転写デカールが付属し、パーツにはプリントされていません。
 水色の部分の一部は同じパーツが透明、不透明の2組付属。肘、膝、足首の関節には不透明パーツを使うように指示されていますが、設定画だと全部同じ色に見えるので全部透明のパーツを使いました。なお、透明のみで不透明は入っていないランナーもあるので、未塗装で不透明に統一することはできません。

 で、クリアパーツの裏にメッキシルバーNEXTを塗ったら反射率がすごいよ。ちゃんと平滑面が出ていれば筆塗りでもここまでとは。

 本体色は半光沢、それより暗い色はつや消しを吹いてみました。白は色分けされている部分も含めて全塗装。
 白い部分は頭部側面の大きいフィン、上腕外側のライン、腰装甲正面側左右の六角形、足首装甲のラインが色分けされていません。他は手の平の水色と、各部にグレーが足りない部分がある程度。
 関節は主にポリ。一部にPOM製のパーツがあります。
 腰のジャンプユニットは基部以外武御雷と同じもの。

 眼はクリアパーツがちょっと分厚いので裏から銀を塗っても暗いです。
 頭部は形状が複雑でパーツ数も多いせいか接着しないとバラけやすいです。首から下は線が多いデザインにしては割と安定している印象。
 額の模様は設定では黒っぽい色ですが、差し色が欲しかったので黄色にしてみました。

 大きさはだいたい1/100くらい。

 肩装甲は後面が外側にスライド可能で、肩を後ろに反らしたときの胴体との干渉を避けられるようになっています。
 膝装甲は関節に連動してスライド。膝裏のパーツはヒンジで曲がって可動への干渉を避けています。
 脚は膝フレームの上下に太股とスネを差し込む構成なので分解可能ですが、肘関節は2重関節で上下ともに挟み込み構造なので組んだ後にはバラせません。

 武器は武御雷の流用で、刀とナイフが2個、マシンガンが4個付属。あと背面に取り付けるガンマウントと刀用のマウントラッチがそれぞれ2セット付きます。マウントはいずれも装備状態と中身が無い状態を差し替えで再現。
 刀、ナイフ、マシンガンの成形色は全てガンメタですが、刀とナイフは銀、マシンガンはダークグレーで塗装しています。
 手は拳、平手、マシンガン用、刃物用(手首の角度が違うものが2種)が左右それぞれ付属。
 マシンガンは背面と両手での最大同時装備数の4個が付属するし手も他に使わない専用のもの=着脱の必要が無いので、指を接着してしまえば安定します。
 ガンマウントは取り付け部で横方向にスイング可能ですが、前後方向には動きません。

 刃物は親指以外の4本(一体成形)を着脱して持ち替えますが、刀だと差し替え基部が自重に負け気味であまり安定しません。
 刀用のマウントラッチはガンマウントとは違って基部が前後可動式。

 腕のナイフ収納部は丸ごと差し替えで展開状態に。なんか収納スペースに無理がある気もしますが。
 展開用パーツは2組付属。

 ガンマウントはアームを差し替えて展開状態にできます。
 台座は股間の穴(カバー付き)で取り付ける構成。アームは組み立て済みです。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system