1/144スケール ヴァルシオーネ
 プラモデルですが、髪の一部、顔と首はPVC製で顔は塗装済みです。あと今回は箱絵が開田氏ではありません。
 なお、パーツ請求だと顔は1個1200円。
 顔は表情の違うものが2種類付属しますが、差し替えにはいちいち頭を分解する必要があるので今回は片方しか使っていません。

 例によって色分けの再現度は高め。フィン状のパーツは分割すると強度に問題があるためか、顔以外も塗装済みのパーツが多めです。
 指先の爪、足首側面の丸い部分や膝下側面の緑色、肘関節中央の黄色等が色分けされていません。
 額や肩の緑色部分は他とは成形色が違いますが、不透明パーツ。
 設定上はそれ以外の緑色も2色使っていて塗装見本でもそうなっていますが、成形色は単色で統一されています。今回はそのまま単色で仕上げてしまいました。
 あと髪には赤のマーカーで軽くスミ入れしています。

 他の1/144スケールのキットと並べてみましたが、あまり同スケールに見えません。

 関節はポリとABSの併用。可動箇所は多いですが、足首があまり動かないのと股関節も腰装甲が邪魔で動かしにくいので、ポージングの自由度はそれなりです。
 羽根は基部がボールジョイント。肩装甲は側面から伸びた板状のパーツがボール接続ですが、あまり動きません。

 手持ち武器はハイパービームキャノン、ディバインアーム(剣)と専用の鞘、あと鞘に収納した状態のディバインアームが付属。
 手首は拳と平手が左右それぞれ付属。武器用はハイパービームキャノンとディバインアーム用の右手、展開鞘用の左手が付属します。
 ビームキャノンは左右張り合わせの2パーツ構成で、ギミックは特に無し。

 ディバインアームの成形色はビームキャノンと同じグレー。写真では銀色で塗っています。

 既出のサイバスターはノンスケールで、全体のボリュームは同等というか羽根の分だけサイバスターの方が大きめですが、並べるとサイバスターの身長がちょっと足りない印象。
 ところでこのサイバスターは発売当時に組んだのですが、胴体や羽根基部のボールジョイントがゆるゆるにヘタっていてすぐに抜けます。うう。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system