コトブキヤ1/144ビルトビルガー高機動型
 設定上は重装型と高機動型は作戦内容に応じて換装するのが本来の用法で、戦闘中にアーマーパージするアラドの使い方はイレギュラーなものだそうです。

 

 ポリパーツも含めて完全新規設計。線が多いデザインなので色分けは完全ではありませんが、例によってかなり細かく分割されています。脚なんかヒザ・足首側面の丸いパーツの内側のグレーが省略されているくらいでほぼ色分け済み。あと眼の緑色は例によって塗装済み。
 今回は関節に一部ABS樹脂が導入されています。ヒジが二重、股関節がボールではなく3軸可動、腰がボール接続等で可動範囲は全体に広いですが、足首だけは左右にあまり曲がらないので立たせた状態でのポージングはやや制限されます

 武装はハサミと3連機銃と剣と手持ちマシンガンが付属して重装型と丸っきり同じ内容ですが新規造形。色分けがちょっと細かくなっています。
 パッケージの見本写真だと背中の羽根は全て開いた状態になっていますが、折り畳むことも可能。差し替えは不要です。

 

 で、重装型と並べてみたら設定上は同じ形状のはずのバックパック(羽根以外)やスタッグの形状がほぼ別物と化していたり、ツノとソードが長くなっていたり、脚が長くなって腰の位置が上がっていたりで、パーツ流用どころか設計段階で完全に別物です。

 

 脚を開くと足裏の接地があやしいのですが、それ以外はよく動くよ。
 なお、手首は左右の握り拳と平手、あと右手のみマシンガン用とソード用が付属。

 羽根は展開するとこの角度で固定されます。あとバンダイのアクションベース2の股関節を挟むタイプのジョイント(2種類付属するうち幅が狭い方)が狙ったようにフィットしてかっちり固定できます。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system