vmf 一騎当千 Dragon Destiny 呂蒙子明 メイド服Ver.(やまと)
 やまとが今年から展開している可動フィギュアシリーズの第2弾。原作はアニメ版を2期まで見ただけですが、この人のキャラ付けと服装との整合性には疑問が無いでもないです。

 女性型可動フィギュアの脚の可動範囲とスカートの兼ね合いについては今までも問題になっていて、軟質樹脂で成形したり複数パーツに分割して可動への干渉を減らす試みがなされていますが、これについてはスカートを脚に干渉しないくらい短くして広げてしまえばいいじゃない、という至ってシンプルな対策がとられています。そのせいで普通に立たせただけで背面側からはパンツが見えます。原作が一騎当千だからこそ可能な荒技というか、まあ軟質樹脂が割れたりする心配は無いとはいえ、その、いいのか。
 塗装精度は今ひとつですが、胴や脚の白はパール塗装でちょっと面白い質感になっています。

 顔は特に差し替え用のパーツは付属しないため、表情と視線は固定です。あと眼帯やヘッドドレスは特に着脱できたりはしません。
 なお、写真では口のモールドにマーカーで薄くピンクを塗っています。製品状態では腕や脚の肌色にはグラデがかかっていますが顔のみ単色なので、マーカーで濃淡をつけてやるといいかも。

 スケールは1/7相当で、この手の可動フィギュアとしてはかなり大きめ。ただ関節の設計が大型化による自重の増加を考慮しているのかと思いきや別にそんなことはないようで、一部に金属製シャフトを使ったり強度は確保されているっぽいですが、股関節と膝の保持力は自重を支えるのに充分とは言いがたいです。直立は可能ですがポーズをつけると崩れやすい感じ。
 付属品のスタンドを使えば安定して自立しますが、今回は瞬着で股関節と膝を加工して保持力を上げてみました。分解が容易な股関節はともかく膝は関節の隙間に液状瞬着を流し込むしかないので自己責任で、というか真似しない方がいいです。
 あと塗膜表面の荒れや接着剤のはみ出しもちょっと目立つ感じで、高額な割には粗い仕上がりという印象でした。そういうわけで可動モノが特に好きというのでなければあまりオススメはしません。

 付属品は専用スタンドと手錠、あと手首が片側3種ずつ(写真は左手のみですが、右手も同様)。スタンドは足裏の穴に軸を挿し、あと脚を支柱のリングに通して補助する構造。支柱を外して足裏だけ固定することも可能です。

 関節構造、まずは腕を。肩にボールジョイントが入っていて胴体との接続は丸軸。肘は1軸で、袖口にロール軸、手首はボールジョイント1個。特に武器を持ったりしないため、保持力が不足することはあまり無いかと。
 なお、手錠は一旦手首を外して挟み込んで取り付けます。

 首はボールジョイントの二重構造で、胴体側にはこれも軸で接続。上側のボールジョイントがかなり大きいので、他のフィギュアの頭を移植する場合はある程度大掛かりな加工が必要です。

 胸と胴はボール接続で、首も含めて後ろにはあまり反れませんが前にかなり曲げることが可能。

 足首は上側がボール、下に前後曲げ軸の2重構造。爪先を伸ばす方向には大きく曲がります。膝や股関節と違って保持力は充分ですが、横方向への曲げ範囲はちょっと狭いです。

 膝は2重の軸関節で、膝の少し上に横ロール軸入り。股関節はボールジョイント1個だけ。腰と胴の接続軸は基部にボールジョイント入りです。

 で、見てのとおり胴から腰を外せるのでスカートも外せます。スカートの青い部分と白い部分もそれぞれ分離可能。パンツもPVCで別パーツ化されていて可動範囲を維持しつつ股関節をある程度隠してあるので、見映えが改善されています。
 一応パンツも接着はされていませんが、脚を外さないと着脱は不可能。

 で、以下てきとうにポーズをつけた写真が延々と続きます。なお、上述のように関節の保持力を上げてあるので、製品状態のままだと同じポーズで自立できない可能性がある旨はご了承願います。

 スタンドを使えばこのくらいのポーズは可能。

 足裏を接地させての左右開脚はこの程度が限界。股関節はもっと開きます。
 スカートをつけた状態だと脇を締めたまま腕を真下に伸ばせないので、素立ちの場合は腕にてきとうなポーズをつける必要があります。

 お尻を地面にしっかり接地させるのは難しいですが、ある程度自然な座りポーズは可能。

 股関節と膝の可動範囲はかなり広く、また胸の関節が意外と効いてくるので保持力さえ何とかしてしまえばポージングの自由度は高めです。
 なお、写真の椅子的なものはコンパクトドール用(1/12相当)のテーブルです。


 最後に元ネタ的には同一人物と記念写真を。外見に共通点が全然無いぜ。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system