AC08 仮面ライダー斬月・真 メロンエナジーアームズ
 パッケージ裏面には黒影とジンバーの告知があります。

 まず斬月・真の素体。肘と膝から下は共通デザインですが、他は初期斬月とも造型が変化しています。
 関節構造は共通。あとベルトには特にジョイント穴とかは無いです。
 白の成形色は今回もパール調。

 ツノは眼の周囲の装飾とは別パーツでPVC製。
 ゲネシスドライバーはほぼ真っ赤ですが、ロックシードとコップ的な部分はメタリックオレンジ。

 例によってメロン的な何かが付属。今回は果物形態でのガワの固定がちょっと甘めです。

 

 通常のアームズと同様、頭に被せて変形。

 仮面ライダー斬月・真 メロンエナジーアームズ。
 左肩には装甲が全く無くて、メロンの左右両側面を全部右肩にまとめています。
 鎧の成形色はクリアと銀の2色で、今回は緑色は全部塗装で処理されています。
 肩や胸のオレンジは無色クリアの上から塗装してあります。クリアパーツは裏面が梨地っぽくなっています。

 眼の上下から伸びる銀色のラインは、そのまま兜の後頭部につながるデザインになっています。
 ゲネシスのライダーは作中でも眼の中に複眼的な模様は無いので、兜の中身も平面です。あと眼の水滴のような造型は特に再現されていません。
 眼の透明部分が兜の中身の範囲からはみ出していますが、そんなに目立たないというか元々構造上中身が見えづらいというか。
 胸には家紋のようなマークがプリントされています。

 ソニックアローが付属。鎧の背面に取り付け可能です。

 やっぱり刃物に見立てるのはちょっと難しいです。

 ソニックアローは各部が連動して弓を引くことができます。
 左手で弓を握り込むと弓の角度が制限されるので、右手で矢の後端を保持して左手はグリップに沿える感じにするとやや構えやすいです。

 今回も部分塗装を。メロンの皮の模様は緑色が塗装になって質感がよくなったのと、胸のマークだけ残して塗るのが難しそうだったので省きました。あと弓の銀色のパーツは塗っても剥げそうだったので省略。
 そういうわけで塗ったのは靴底とドライバー、武器くらいです。

 眼の縁と顎の塗装がガンメタから黒に変化しています。

 作中描写だと戦極ドライバーではエナジーロックシードは動作しないようですが、アームズの接続部は共通なので旧世代ライダーとも装備は互換性があります。というわけで交換を2組ほど。

 素体の色使いはあまり変わっていないのと、顔の突起が増えて兜の影響をさらに受けづらくなったので、相変わらず何を着ても違和感は少な目です。

 あと無双セイバーだけ流用してみました。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system