TK05 仮面ライダードライブ タイプテクニック

 本体とタイヤ2つ(テクニックとファイヤーブレイバー)、武器(ドア銃)のセット。

 タイプテクニック素体も体を上下に割って間にタイヤを挟む構造ですが、背面側に上下をつなぐ可動式のアームがあるため、タイプスピードとは違って分離はできません。
 あとタイヤ用ジョイント端部の形状がちょっと違うので、タイプワイルドのようにタイプスピードを半身だけくっつけるのも不可能。
 腕の付け根はボールジョイント接続。

 脚まで装甲が増えていたタイプワイルドとは違って下半身は色以外タイプスピードと共通ですが、上半身は大幅に変化していてタイプワイルドよりさらにゴツいです。
 けっこう色分けが多いデザインなので塗装の省略もスピードやワイルドより多めです。特に頭部の色分けが減っているのがちょっと目立つかも。タイツ部分の側面の黄色いラインは腕のみ省略。
 シフトテクニックはスピードやワイルドとは形状が完全に別物ですが、シフトブレスの形状は特に変化していません。

 可動に関しては首と腕の付け根以外はタイプスピードとほぼ同様。首は埋まり気味なのでやや可動が制限されます。
 腕の付け根は肩装甲が固定なのもあって可動は制限されますが、前にも横にもある程度は動きます。あと腕の付け根を下に引き出すギミックがあり、タイヤとの干渉を避けられる他に可動範囲も拡大。
 上腕から伸びたケーブルのようなものはPVC製で肩装甲の穴に入ります。ある程度は可動に追従し、大きく曲げると穴から抜けます。

 ドア銃はドアを開閉可能。

 ファイヤーブレイバー装備。はしご車のはしご的なものを展開できます。内側と比べると外側にはあまり曲がりません。

 タイヤの互換性については、突起があるものは回転がスムーズにならなかったり不可能になったりする場合があります。
 具体的にはファンキースパイクは突起がちょっと引っかかりますが一応取り付けと回転は可能。マックスフレアはフィンを開いた状態だと取り付けはぎりぎり可能ですが回転は死にます。ミッドナイトシャドーは持っていないので未確認。

 追加塗装しましたが、足の甲の黒を塗り忘れたのには撮影後に気が付きました。
 黒いタイツ部分は作中でかなり目立つシワが造形されていないし、光沢で塗ってもそれほど印象が近づかない気がしたので今回は成形色のままにしました。単にすごく寒かったので塗装作業を早く切り上げたかったのもありますが。

 

メニューに戻る

inserted by FC2 system