ROBOT魂 斬月
 オープニング内での活躍がおおむね本編とは関係無いイメージ映像だったのも今ではいい思い出です。嘘ですが。

 配色のせいでゲート跡の白化が目立ちやすいので、写真はてきとうに処理した状態です。
 紅蓮とは似ているようで形状が同じパーツはほとんど無いので、背負い物以外ほぼ新規造形。
 重心は紅蓮よりはずれていないようで、ランドスピナーを展開していない状態でも一応直立可能です。

 飛翔滑走翼は着脱可能。羽根は基部で回転可動です。

 側頭部のツノは硬質樹脂なので、曲がる心配はありませんが破損には注意が必要。
 眼はメタリックオレンジで塗装されていてそれっぽい質感です。・・・GNフラッグの顔もこっちで塗っていてくれればなあ。

 コクピットブロックと飛翔滑走翼は紅蓮可翔式と同じもので、コクピットとゲフィオン弾のハッチ開閉ギミックも同様。

 サザーランド系より大きめです。

 手持ち武器は制動刃吶喊衝角刀のみ付属。硬質樹脂製なので曲がったりしません。
 関節構造は既出のものと似たような感じ。股関節の可動範囲は紅蓮より拡大しています。
 紅蓮と同様に足首に相当する部分が無くスネから爪先とカカトが直接生えているデザインで、カカトの角度調整にちょっとコツがいります。
 ランドスピナーの展開も可能。ただ、今までは可動だった車輪が固定になっています。
 頭から生えている毛(衝撃拡散自在繊維)は中身が詰まった塊ではなく裏側が凹んでいて薄く成形されています。そのため軽量で全体の重心位置には悪影響はありませんが、首の上下スイング軸の保持力が重量に負けてしまうため顎を引いた姿勢では安定しません。
 で、首を胴体から抜いて可動部に瞬着を流し込んで保持力を補強してみたら普通に顎を引けるようになりました。
(※後々悪影響が出る可能性もありますし失敗すると関節が固定されてしまうので、同様の工作を試す場合は自己責任でお願いします)
 あとついでにカカトの軸も固めに調整してみました(これも自己責任で以下略)。
 毛のパーツ自体は商品説明には軟質樹脂と記載されていますが特にぐにゃぐにゃ曲がったりはしません。ただし基部にL字状のジョイントが入っていて可動範囲は広いので、他の部分の可動への干渉は回避可能。
 手首は平手と武器用が左右それぞれ付属。設定上は輻射障壁発生装置も積んでいますがエフェクトパーツ等はありません。

 正座はちょっと無理があるというか、膝立ち程度が限界。

 刃の背にはノズルが造形されています。

 他に胸部内蔵マシンガンの展開が差し替えで可能。なお、丸い関節みたいなのがあるデザインですがそこは固定です。胴体との接続基部は回転可動。

 飛翔滑走翼を外して無頼改の廻転刃刀を持たせると1期の月下っぽく見えなくもないです。廻転刃刀のグリップは制動刀より細いので保持がやや甘くなりますが。

メニューに戻る

inserted by FC2 system